毒親 ①

先日、夫と夫のご両親をディスりましたが、ここはフェアにうちの親もディスっときます。(あぁ、負のスパイラル)ただ、毒親シリーズの話は親の悪口を言う事が目的ではありません。毒親と縁が切れたことで得たポジティブな事を伝えたいと思います。

スポンサードリンク

 

 

私の親は、夫のご両親以上の毒親です。それゆえに、かれこれ2年半全く連絡をとっていません。長男の名前も、次男が産まれたことも伝えていません。私には弟と妹がいますが、彼らにも両親には私の事は一切連絡しないでと伝えてあります。

 

父親は酒乱&DV(母親に対して)を数十年繰り返してきたキワモノ、ただ私からすると母親が悪質、タチの悪い人間ですねぇ。被害者意識が強く、努力を決してせず、他人の噂話・悪口が三度の飯より好きな人間。そして学歴コンプレックスの塊。なんと自分の実の姉や父親からも疎まれている実力の持ち主です。そしてここ最近では、妹の旦那様(仏のような人。学芸員)すら『君の義母さんとはもうやっていけない』と言い始め、嫌われたと妹より連絡がありました。

さすがすぎる。

 

絶縁の直接の原因は、長男を妊娠して臨月の時のこと。夫が入籍をしないということを私の両親に告げ、夫は家族中からの嫌われ者(これは当然である)。母親から中絶を求められたが、私は無視&拒否。そして出産にあたり、実家に身を寄せることに。ここいらの状況で、すでに緊張感をはらんでいる私と両親。

絶縁のきっかけとなった事件自体はささいなもの。8年ぶりに、両親2人&猫3匹で戸建ての家に帰ってきた私は、両親が老後の生計への不安や、年金のことで政府や役所の対応を不満げに話していたのが聞こえた。しかし直後私が見つけたのは3万円近い、あり得ない金額の電気料金請求書。高っ!よくよく生活を見ていると、『猫が怖がるから』と2階の旧子供部屋3部屋(今は全員所帯を持っているのでいない)の電気を日中ずっとつけている。『猫が寒がるから』こたつを一日中つけっぱなし。(人間は使わない)。毎日夜7時に風呂に入る父と毎日夜11時に風呂に入る母、その間延々と風呂を自動追い炊きに設定してある…etc。老後の金の不安を考えてるんだったらまず足元の生活を見直せよと思った私は、4時間も追い炊きしてたら光熱費かかるしもったいないと率直に父親に告げたところ、『俺達のやり方がある。口出しするな。』との返しが。恐らく私の発言はごく正論で耳に痛かったのだろう…しかし元来プライドの高い彼は素直に聞き入れることは出来ない、子供に指示されるのは癪に触ったのでしょう。ここで私もハイハイと聞けばよかったのだが、両親の生計の話とエネルギー・資源の重要性についての考えが頭をかすめ、食い下がる。『あのさ、震災が起きた時は電力とか大切にしなかった?誰かが困ってるときでも俺達のやり方だって、言い張るの?』と言ったところ、プライドの高い彼は益々の正論に十八番の切り札を出してしまいました。『親の言ってることに逆らう気か!?おぉぅ!?』(←アンジャッシュの児島かよ!)

『あ~ぁ。いつも通りだわ。建設的な話が出来やしない。まじコイツ馬鹿。』と思った私は、『はいは~い、誰に何を言われようと俺のやり方でやってれば?バカじゃないの』と捨て台詞を残して自分の部屋へ引き揚げていき、その日は終わりました。

翌日、事態は急展開を迎えたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA