家庭に不向きな男性①

私はバツイチです。(と、唐突に告白されてもねぇ)前夫とは8年近く交際し、一度婚約し、婚約破棄され(!)、再度婚約、結婚しすぐに離婚しました。

スポンサードリンク

そもそも、結婚してから1日たりとも一緒に住むことなく離婚しましたからね。一度土がついた結婚話を31歳になっていたから焦って結婚したのが良くなかったな…(しみじみ)

なぜ、今バツイチ夫のことを書き出したかというと、友人達家族5組と週末会った時に、あまりにも我が家と異なる、もういわゆる『The 理想の温かい家族』を見せつけられたので。正直、メンズ(お父さんたち)が醸し出すオーラがもう『お父さん』!うちのクズ(夫を略してみた)は『オレ様』…!

なんか、この差はなんなんだろうかぁぁと不思議に思って。で、ピンときたのが、よそのお家の旦那様は、『オス』としての第一線を(少なくとも家族の前では)もう引退していらっしゃる!

うちのクズ(そろそろクズ夫に戻してやれ)は37歳だけれど、相変わらず『オス』でいたがるんですよね、内でも外でも。

なるほど…ね。これが『幸せ家族』と、我が家のなんとなく『家族に見えなくもない』組織の決定的な差かな…と思いました。

『そういや、あいつもそうだったわ』

ここで、元夫を思い出したんですね。

同い年の夫は商社マン。クス夫(アソコから濁点をとってみました)さん同様、自分大好きな人でした。休日が少ないので、私服を着ること少ないのに、毎週のようにアダムエロぺやらTommorrowland 、beamsやら行ってわ、2~4万もの服を惜しげもなく購入してました。

別に自分の金を自分の好きなように使って何が悪い、は、同棲時代までのお話。籍を入れてからの私は、これまでと打って変わって、大きな提案をしていったわけです。

半年だったり、三か月だったりの遠隔地赴任をしばしば繰り返していた彼より今後は転勤がないと聞くと、早速家の購入を検討しようと持ちかけると、のらりくらり交わされ、全くもって話が進まない。

『まぁ、彼の言う通り家は大きな買い物だから今すぐ買わなくてもいいか!(素直)』

じゃあ子供欲しいよね?

え…転勤ないんでしょ?あっさりと共同育児を断わられる!ちなみに両親に『そちらで育てていいか』と(素直か!)に聞いてみると『断る』と即答されました。(毒親、)

そしてそのうち、なんと単身赴任していきました。ちなみに、入籍してからまだ一日も一緒に住んでいない!(異常な事態だけれど、8年も付き合っていて同棲も6年くらいしていたので、大して気になりませんでした、というより一緒に住みたいという情熱が私にも彼にももはや無かったんでしょうね~)

ちなみに付き合い当初、新卒入社3年目くらいで『100万円が貯まったわ』と言っていた彼、倹約家なんだと思いこの人なら結婚しても大丈夫なんて思ってんですけどね…

離婚間際に100万も貯金なんてないことが発覚。

私は8年の交際で誕生日にワインを2本買ってもらったことがあるくらい。クリスマスは一度もお祝いしたことがない、プレゼントももらったことがない…

稼ぎはいいのに、金に何に使ってるかといえば、自分の洋服やらにどんどんつぎ込んでいたわけで。

極め付けはこれ。

入籍後、息子を訪れた義母が実家の母に泣きながら電話をしてきたそうです。

『息子の部屋に行ったら、汚くて汚くて。あまりに可哀そう。』

これを聞いた母が怒りに震える、私への。

『アサオ(元夫)さんの家に嫁なんだから掃除にいったらどうなの!!』

なんでやねん。

ちなみに、アサオの家には東京の私の部屋から新幹線で往復一万円ちょい。自腹で新幹線チケットを買い、アサオさんの部屋に行く(素直again)。

私だって体験エステなら何回か経験は確かにある。でもね、コースを年間で予約したことないし、そもそも年間予約してるGuy(ガイ)周りにいないぜよ。芸能界じゃないんだからさ。

あ、お別れの気配してきた~。

洗濯をし、部屋を掃除して、夕ご飯を作り、さっさと元夫の家を出ました。元夫は仕事で忙しく、私とデートを楽しむ時間がないとの連絡。私はあほらしくなり(自腹の)帰りの新幹線に乗り、さっさとビールを開けましたとさ。

この経験から導き出す、『結婚してはいけない男』の条件1つ目は『とにかく自分が一番好きなやつ』

(気になる方は、金の使い道、使い方をチェケラッチョ)

やっぱりちゃんと結婚していた時から『The 理想の温かい家族』になれなそうな気配がプンプンするわ…

 

続く笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA