ミルク育児での夜中の寝かしつけにお困りの方へ 30分以内で寝かせよう!

次男は完全ミルク育児中。現在修正二か月です(超未熟児として生まれ実際は6か月ですが)。長男は完母育児だったので、だいぶ寝かしつけも勝手が違います。

スポンサードリンク

完母で育てていた長男。寝かしつけは、おっぱいを吸っているうちに疲れて赤ちゃんが眠ってしまうというパターンを5~6か月くらいまでやっていました。

(以降は、トントンやお話をしたりと、授乳なしでも寝るようにトレーニングしました。)

◆ミルクだとよく寝る?わけではない◆

完ミの次男、ミルクを飲んだくらいで寝ません笑。ミルクだから寝るというよりも体内時計により、22時~3時くらいまでの間は比較的授乳後にすぐ寝やすい傾向にあります。つまり4時~21時の授乳だとただミルクを飲んだだけでは寝ません。4時台の授乳後に手足をピコピコさせながら、私にニコォ~っと微笑む次男を見ると切なくてたまらない…寝かせてケロ。

◆夜中のミルク後に出来る限り速やかに眠りにつかせる方法◆

まずミルクをあげる前に、オムツ交換を済ませてしまいます。おむつ交換は目を覚ましやすい作業なので。ゲップをさせて、いざ寝かせようとすると闇夜でギンッと光る次男の目を見たときは、『追加30分』をまず覚悟します。(これが朝6時台であれば諦めて起きますが…)

◆用意するものはスリングとおしゃぶり◆

まずは素早くスリングへ赤ちゃんを入れ、そしておしゃぶり2種類を持って、明け方の廊下をゆっくり歩きだします。おしゃぶり2種類とはピジョンの哺乳瓶の乳首と、通常のおしゃぶりです。泣いている時、興奮している時はピジョンの乳首をおしゃぶりとして与えると落ち着くことが多いので。(サイズがおしゃぶりより少し大きいからか?)ただ乳首はおしゃぶりとしては安定感が悪いので、ピジョンの乳首をしゃぶしゃぶして目がトローンとしてきたら、すかさず赤ちゃんが口でくわえられていられる通常のおしゃぶりへスイッチオフです。うとうとしてきた赤ちゃんの機嫌を損ねることなく、素早く。

そう、あたかもミッション・インポッシブルのイーサン・ハント(トム・クルーズ)かのように。

秘密工作員は、明け方の薄暗い廊下をススス~っと音もなく歩き回ります。そして、トローンとしてきたら布団にそっとおろします。『寝てから』ではありません。寝てから置いたところで起きる確率のほうが高いですよね。

気分を寝る方向に持っていくのがスリングで歩き回る意味です。布団においてから、赤ちゃんがおしゃぶりを落とさないようにそっと押さえ、胸の上に軽く手を置いて眠り誘います。仕上げタイムです。

◆仕上げは『お母さんの手』◆

赤ちゃんの口元におしゃぶりを押さえていると、自然手の付け根や腕が赤ちゃんの胸のあたりに位置しています。赤ちゃんの胸を強く圧迫しすぎない程度に、胸に置きます。これ、東京女子医大での入院中も『ザッキー』という手の形をしたずっしりとした手袋が次男の首から胸にかけてあったのを参考にしています。

(↓入院中の次男)

これをかけられてすやすやと眠っている次男をしょっちゅう目撃しました。医学的根拠も効果もあるんだそうです。日本で売ってないかと通販サイトやメルカリやらを検索したものの出てきませんでした。

ザッキーはアメリカでしか販売してないみたいですね。Naver まとめサイトではおバカ商品として挙げられていましたが、全くそんなことないですよ( `ー´)ノ

なので、その環境を再現しようと、胸に手を置いています。手袋じゃなく本物の母の手なら、安心感倍増だろうと思って。

実際、母の手の威力は凄く、ミルクの時間以外で就寝中フガフガ次男が言い出したら、そっと手を胸の上に載せると再び静かに寝入ります。

結果、9割以上の確率で寝ます。

時には、こんなこともありますが、こんな場合はお腹が張っているので、浣腸をして便やガスを出すとおとなしくなり、スリングで歩く手順へかえって寝かしつけます。すると、寝ます。

 

お母さん達は、ホント工作員です。知恵、経験、情報網を駆使して子育てしています。専門知識が豊富なスペシャリストです。

友人とある日話をしていたとき、4歳の娘さんが夜11時をまわっても起きていたのでお父さんがイライラして『なんでこんな時間まで起きてんだよ』と誰にともなくつぶやいたそうです。

なので思わず私は言いました。『だんなさんは分かってないよね~、11時まで起きていたとしても、その前にこちらとしては散々色々な工夫をして寝かせようとしてきたんだけどね』と。

そうです。工作員達は日々、授乳や着替えや沐浴や離乳食や、あらゆる子供の行為に、あらゆる知恵・知識・努力を日夜しているんです。

 

ただ、秘密工作員がゆえにこの努力は決して表に出ないけど(溜息)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA